「トランプ大統領の娘イヴァンカにとって私は母親みたいな存在なの」世界を股にかけた“女ペテン師”の正体と大胆不敵な手口とは


イヴァンカの詐欺師・マフィア具合は子供の頃からの仕込みなので、世界のマフィアの関係図を見ているようで興味深いですよね。

トランプ大統領の娘イヴァンカにとって私は母親みたいな存在なの」「実は私、エジプトのシーシ大統領の秘密の妻なの」──米首都ワシントンの高級マンションに暮らす“マダム・ジゼル”はそう言って、世界の権力者らとの深い関係をほのめかし、隣人たちから大金をむしり取り、行方をくらました。

地元紙「ワシントン・ポスト」がこの謎の女性を追跡して行きついたのは、なんと1990年代にコロンビアを騒がせた陸軍をめぐる一大詐欺事件。米国、中東、南米を股にかけた“女ペテン師”の正体と大胆不敵な手口が明らかに。

記事はこちら:https://courrier.jp/news/archives/102900/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る