ペンス副大統領はオリンピック開会式に出席、安倍首相に邪魔され、せっかくの米朝和平へ機会を失う。


(ペンスの心の声):安倍よ、お願いだからオレから離れてくれ!

オリンピック開会式には次期大統領であるペンス副大統領が参加したが、

安倍首相にべったりとくっつかれて北朝鮮NO.2の金与正との密会も果たせず、

折角の機を失ってしまい、米朝和平が妨げられたという。

(右下で一人ふてくされている平和の祭典に場違いな日本国総理大臣)

ペンス副大統領は帰国後、キッシンジャー博士に報告、

「前提条件を付けず、米朝和平(朝鮮戦争休戦協定→米朝和平協定に切り替え)に向けて対話・協議すべきだ」と進言、

これを受けて、ティラーソン国務長官が、直ちに訪朝の準備を始めたという。

これらの米朝和平への水面下の動きは、トランプと安倍を完全に排除して行なわれるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る