辺野古発言の「ローラ」はハリウッド女優の真似事。父親はマフィア?! 金に困って辺野古発言?!インスタ炎上は金になるからOK〜?!


(編集中:編集完了は1月11日予定)

さて、突然のインスタグラムでの辺野古発言で世間をお騒がせしているタレントのローラさんですが、

彼女はフリーメーソンであり、その中でも悪魔崇拝のイルミナティに属するという噂が後を絶ちません。

その噂の原因を検証していきましょう。

ローラ(本名:佐藤えり)

国籍:バングラディシュ

母親:ロシア人と日本人のクウォーター(中国人も混じるという噂もある)

父親:バングラディシュ

兄弟:一卵性双生児の兄、異母兄弟の双子の弟、妹

職業:モデル、タレント、インスタ芸人

この私が一番気になるのは、父親がバングラディシュ、母親がロシア人というところと

さらにはインスタ芸人というところです(ということで、ほとんど全てが疑惑だらけですが・・・)。

また、辺野古発言までの経緯も大変気になるところですね。

ローラさんに自体に興味は全くありませんが、この人の辺野古発言に到るまでの経緯の背景にはいろいろとありそうです。

1、ローラの父親はパキスタン系マフィア幹部?!

ローラの父親「ジュリップ・エイエスエイ・アル」にはパキスタン系マフィア幹部という噂があります。

というよりも、

既に、警視庁組織犯罪対策第1課の捜査で、父親のジュリップ容疑者は既に中古車や医療機器の売買の取引で儲けている“イランマフィア”のボスであることが判明しているそうです。

この人ですね。

この日本人をバカにしたローラと同じOKポーズの映像が非常に印象深いです。

「ジュリップ・エイエスエイ・アル」の画像検索結果

一応、この指を6の形にするのはフリーメーソンの中でも悪魔崇拝者の合図とは云われています。親子揃ってこれですからね(汗)・・・

ローラに重大疑惑発覚! 詐欺罪で逃亡中の父親とタイ・バンコクで密会か

昨年6月に国民健康保険の海外療養費をだまし取ったとして、詐欺罪で国際指名手配されたローラの父親、ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者。今月16日に発売された「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が、ジュリップ容疑者が逃亡先の母国、バングラデシュからタイのバンコクに密入国して“潜伏中”であると報じたが、時を同じくして、ローラが昨年、テレビ番組のバンコクロケに参加していたことが明らかになり、父親との“極秘密会疑惑”が持ち上がっている。

(中略)

ローラの場合も、レギュラー番組やCM降板がウワサされたが「父親がやったことは、娘には関係ない」という論調が形勢された。『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)での宮根誠司や芸能リポーターの井上公造、それに“電波芸者”のテリー伊藤らが、事務所サイドの意向を汲んだ意図的な感情論を流布。ローラもブログで謝罪を行ったことで、一時露出は減ったものの、業界から干されることはなかった。

(中略)

 その後、警視庁組織犯罪対策第1課の捜査で、ジュリップ容疑者は、中古車や医療機器の売買の取引で儲けている“イランマフィア”のボスであることが判明するも、逃亡先のバングラデシュと日本は犯罪人引渡し条約を結んでいないために、いまだに逮捕されていない。

ところが、前述の「週刊実話」では、バンコクでジュリップ容疑者と接触したというバングラデシュ人の証言を掲載。同誌によると、バンコクは日本の暴力団が進出し、“六本木クラブ襲撃事件”の主犯格で国際指名手配されている元関東連合リーダーの見立真一容疑者も一時潜伏していたという情報もあったほど、犯罪者は隠れやすい場所といわれている。ジュリップ容疑者もバングラデシュの貧困に耐えられず、昨年6月に国際指名手配された直後から、バンコクに密入国。バングラデシュとバンコクを行ったり来たりしているという情報があるそうだ。

一方ローラは、昨年7月後半に『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)で、お笑いコンビ北陽の2人と、バンコクの警察隊の射撃場のロケに行っている。その模様は、同年8月11日にオンエアされたから間違いない。

(中略)

引用元:https://www.cyzo.com/2014/07/post_18002_entry.html?fbclid=IwAR0re4PwdRHV-c4DlQawUnc0KB62Zx0Mo-rDHGj1D78AkROEWds03tS0E50

さらに、ここで、必死のローラ擁護を行なっているのは「宮根誠司」「井上公造」「テリー伊藤」であることにも注目です。

つまり、この3人はローラ界隈の仲間である可能性が高いということです。

そんな人たちがテレビ番組の司会者やレポーターを行なっているわけですので、一般人はコロッと騙されてしまいますね。

これとか

関連画像

これとか

「井上公造」の画像検索結果

これとか

「テリー伊藤」の画像検索結果

人相みただけでもなんだか信用できない人ばかりですね。。。

 

2.ローラの母親はロシア人?

ローラさんの母親はロシア人と言われています。かなり離れた土地であるバングラディシュ人の父親とロシア人の母親はどこで知り合ったのでしょうか?

ここに、この両親が満州国関係者である疑惑が持ち上がってきます。

なぜなら、父親はロシア人マフィアの商売である中古車販売、及び、医療機器販売を行なっているからです。つまり、この商売を行っている際に、ローラの母親と知り合った可能性が高いのです。

こちらの右側の方が母親と言われております。

さらに、父親の再婚相手が今度は中国人であるということもまた、満州国関係者ネットワークであることを裏付けているのです。

 

3.ローラの芸能界支援者はインスタグラム出資者?

インスタグラムにはトランプの娘婿のクシュナーが多額の出資を行なっております。

この真ん中の人がクシュナーです。ちなみに、右隣は中国人民解放軍のスパイで、「世界のメディア王」との異名をとるルパート・マードックの元妻、ウェンディ・デンです。左隣がイヴァンカ です。

このクシュナーは俗にいうポーランド系白人ユダヤで満州国関係者でありハザールユダヤ系ネットワークの一員なのです。

トランプにシリアミサイル攻撃をけしかけたのも、このクシュナーと妻のイヴァンカと言われており、

彼らは軍事産業株で大儲けした金を、ITに投資し、それで奴隷管理を行おうとしているまさに悪魔崇拝者たちなのです。

Kushner Creep

ジャレッド・クシュナーの正体

そのクシュナーが多額の出資を行うインスタグラムを利用して知名度をあげたローラさん、

もはやインスタ芸人といっても良いほどです。

そして、そのインスタグラムを使って、今回、辺野古発言が行われたのです。

 

4.ローラは金に困ってた?!

念願のハリウッド進出が実現したローラさんですが、現実は厳しく、ハリウッド進出は大失敗と言われています(ちなみに、ハリウッドはハザールユダヤ利権です)。

しかし、ローラさんは大見得を切って、LAに3億円の豪邸を購入していたため、金に困っていたと言われています。

ローラがLAに購入した3億円豪邸を売り出しか ローン2億円以上、月の返済300万円とも

  • ローラが、昨年ロサンゼルスに購入した3億円豪邸を売りに出していると女性誌が報じた
  • ハリウッドを拠点と大ミエを切ったが仕事もなく、家を売らざるを得なくなったとも
  • 米国進出失敗は確定だといいハリウッドポルノ女優として下積みを勧めると映画ライター

転載元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-57290/

ハリウッドも失敗、日本の芸能界も今のキャラクターを30才以上になっても続けるわけにはいきません。

ローラ「話題作り」手詰まり寸前…いよいよ『全脱ぎ』近し!?

そこで飛び出したのが今回の辺野古発言なのです。

つまり、ローラさんは父親のマフィアのボスであるハザールユダヤ(インスタグラム出資者)に辺野古発言を依頼された可能性があるのです。

もちろんお金ももらっているでしょう。

現在、衰退した米国は世界中に派遣した米軍を維持することはできず、沖縄撤退もかなり高い可能性で行われると思われます。

そうであれば基地の為の辺野古埋め立ては必要ないのです。

しかしながら、「お金がないから撤退します!」とはプライドの高い米国は言いません。

それゆえ、環境問題を前面に押し出して、日本を悪者にし、辺野古埋め立て中止に持ち込もうとしていると考えられます。

一部、情報では、トランプ大統領がCIAを使い、この辺野古埋め立て反対署名活動を行わせていると言います。

これですね。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

これは米民主党のオバマ大統領時代に作られた「We The People」という電子署名サイトですね。民主党と云うのはこういったネット扇動を得意としています。オバマ大統領も「Yes we can !」のネット扇動で誕生した大統領ですからね。トランプは共和党として大統領になっていますが、元は民主党で、その娘と娘婿はバリバリの隠れ民主党員であることは大変有名なことです。

よって、「市民の声をホワイトハウスに届けよう!」とは、そもそも、ホワイトハウスが行っているドンパチの可能性が高いのです。

もちろん、このような工作には潤沢な資金がでますので、

裏社会マフィアの娘でありタレントであるローラはお金をもらって、

SNSで発言を行っている可能性が高いと推測されるのです。

こちらの動画でも「今後は環境問題が〜!」と言ってますね。これから環境問題扇動で外資による土地の巻き上げなどが行われると思います。潤沢な工作資金が出るので、それがハリウッドセレブの独壇場となっていくのです。

今後、ハリウッドセレブは環境問題ネタが掻き入れ時とわかっており、ローラももちろんそれを真似ているわけです。

ですから、突然の辺野古発言に、多くの人たちが違和感を抱くという結果になっているものと思われます。

しかし、トランプ大統領や娘婿のクシュナーが絡んでいますので、このままマフィア関連メディアによってローラ擁護、ローラ持ち上げ賛美の状態は続くでしょう。

なお、、ローラの所属事務所はあの、悪名高きバーニング系と云うのは加えてお伝えしておきます。。。こういった日本人以外をタレントに育てて、海外の意図を汲み、日本人を扇動していくのです。

今後もローラはハリウッドセレブ感を演出しながらSNSでユーザーからお金を巻き上げつつ、適当にOK〜!という感じで飄々と生きていくんでしょうね。

「ローラ」の画像検索結果(私はソーシャライト。炎上はセレブの証。炎上でどんどんお金が入ってくるもん。OK〜!って感じですかね。

活動的なバカほど恐ろしいものはないですね。)

ローラの“いっちょかみ”が酷い!『動物保護』『基地問題』すべて中途半端

なお、沖縄の埋め立て計画は辺野古以上に広大なものもあり、こちらの計画にも反対するようなら本物の環境保全活動だと思いますが、おそらくお金が出ないので何もしないでしょう。なによりも辺野古の土地を基地以外のリゾート地として乗っ取るのが彼らの計画のように思えます。

辺野古埋め立てより大きな埋め立て事業は沢山ある

まあ、ローラは親がマフィアの幹部ということからしても、汚れた世界の住人であることに間違いはなさそうですね。。。

今は、OKサインはやめたようですが、本質的なところは変わらないでしょう。

私は、辺野古埋め立ては中止になると思いますが、代わりにトランプやその娘婿のカジノリゾートが出来そうで心配しています。

つまり、外資が乗り込んできます。そして、今度はリゾートのための埋め立てやら何やら始めるのです。

実は、こちらの方が環境問題に深刻な影響を及ぼすのではと心配しています。

以上、ここまでお読みいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る