フルフォードレポート英語版(1/16)トランプの大統領就任が近づくにつれて、世界戦争になるか政界政府となるか


ドナルド・トランプの大統領就任と西側革命が迫るにつれて、地政学的大役者達が最後の動きを見せている。西側軍産複合体は大きなタンクをポーランドに配置してその最後の大きな動きを起こした。これは外見上ロシアを対象としているが、本当は中国を対象としたロシアを含むキリスト教同盟による動きです。次期トランプ政権のの国務長官レックス・ティラーソンは南シナ海の中国基地を攻撃すると脅した。これらの挑発的発言の背景は中国が、国防総省で警鐘を鳴らしたインドネシア諸島の経済基盤整備の一環として1000万人を送り込んだことであると、アジアのCIA情報源は言う。国防総省は中国の動きとバランスを取るために南シナ海に新軍事基地を建設することを望んでいると、CIA情報源は言う。

中国は、1979年の中国-ベトナム戦争において、ロシアが機甲部隊を中国へ送ったときに、鄧小平はそれを水素爆弾で破壊した事を白龍会経由で西側に思い起こさせることで応答した。この軍隊の残骸はグーグルアースで見ることができる。そして、中国と戦争を始めることは良い考えではないことを思い起こさせることになると、中国諜報官は言う。

いずれにしても武力による威嚇は、トランプ大統領が始まると本格的に再開するこの惑星の運営を変える方法に関して重大な交渉に先立つポーズに過ぎない。その結果は、選択肢として核大虐殺は考えられないので、ある種の緩やかな民主主義的、能力主義の世界政府になりそうであると、交渉に関与している情報源は言う。

間違いなく、トランプ政権は第二のアメリカ革命であり、国際的秘密の不正政府の活動に深く影響を与えることになる。ロシア諜報部員達は先週、白龍会に接触してきてトランプが前進を認めることの再確認を求めた。彼らはトランプはケネディとは違って米軍の支援を受けているので暗殺される指導者ではないと白龍会に言われた。ここに、この件について国防総省が言わなければならないことがある。「軍がCIAの暴動行為を読みきっているのでトランプを叩くCIAの計画は起こりそうもない。国家の内戦の敵にはジュネーブ条約はなく、軍事法廷が迅速かつ致命的である」

しかし、彼の望むことは何でも行うことは許されないだろう、特にイスラエルに関してはと国防総省情報源は言う。「国連安全保障理事会はイスラエルへの制裁として1967年の国境を課す投票を1月17日に行うかもしれない」と彼らは言う。世界通貨の再設定のためには全ての紛争の和平と和解が必要なので、国際社会の意思に反するとイスラエル首相ベンニャミン・ネタニヤフとトランプは退場させられるかもしれないと、その情報源は付け加えた。

ロシアRSB(ロシア連邦保安庁)情報源は、2013年にトランプがロシアを訪問したとき、彼はバラクとミッシェル・オバマが寝ていた同じホテルの部屋で寝るチャンスを与えられた。「モスクワの赤の広場の周りの全てのホテルの部屋では全てが盗撮され記録されている」とオバマが寝ているベッドの上でトランプが売春婦に排尿させていることを記録したビデオを確認したFSBの情報源は言う。「そのときは彼は大統領になるとは思ってもいなかったので気にしていなかった」と、ロシアでVIPの警備会社を運営して、その録画のコピーを持っていると主張している情報源は言っている。しかし、ロシア人は彼は違法な行為は何もしておらず、この事件に関して彼らによって決して恐喝を受けては射ないと指摘している。トランプはすでに、彼の最初の海外訪問はロシアの大統領ウラジミール・プーチンに会うためにロシアへ行くと発表している。

いずれにしても、世界で起こっていることはドナルド・トランプについてではなく、歴史的革命の一側面である。この革命はEUを脱退する英国の投票で本格的に始まり、トランプの選挙で更なる進歩を遂げ、フランスの大統領候補ルペンが先週ニューヨークでトランプに会ったように、今度はフランスのEU脱退へ向かう。

仮にトランプが殺されたとしても、止める事のできない西側の権力構造における根本的な変化があったので、革命は続くだろう。選ばれてもおらず、腐敗したハザールマフィア所有のEUは欧州最大の国ロシアを含む民主的な欧州連合に置き換わるだろうと、グノーシス・イルミナティは言っている。このグループは落ち着いたときには北アメリカと同盟してアジアと50:50の新しい関係を交渉することになると、彼らは言う。

世界権力の変化は先週、スイスのダボスで行われた金権政治家の影響力低下でも見ることができる。今年出席した唯一の主要指導者は中国主席習金平であったが、これは良い動きではなかったかもしれないと、国防総省情報源は言う。習がダボスに出席したので、徒党工作員(ドイツ首相アンゲラ・メルケル)とビビ(ネタニヤフ)はトランプが排除される可能性えお持ち、かつクローンと置き換わられている習と会うことを避けるために出席を拒否したように、辞退したと、国防総省情報源は言う。NSAとグノーシス・イルミナティは共に、習はイブリン・ロスチャイルドに従属しており、本物の独立した中国の指導者ではないと主張している。ロスチャイルドは権力を失っているので、世界中の彼らの傀儡は置き換わりつつあると、その情報源は言う。これはすでに北朝鮮の金正雲によって起こっていると、アジアのCIA情報源は述べている。アジアの秘密組織は習は独立しており中国政府の同僚以外の誰にも従属していないと主張している。

いずれにしても、清掃が必要な本当の混乱は中国ではなく、米国であり、重大な廃除が展開し続けている。米国権力構造において小児性愛と関連する脅迫ネットワークはいわゆるピザゲートスキャンダルで解体され続けている。また、人工的旱魃と企てられたカルフォルニアの農場の奪取は地域的に操作された嵐によって終了している。また、5都市に150人のFBI代理人を派遣し、ニュヨーク警察と連携させて、クリントン財団の資金洗浄といわゆるイスラムテロ組織への資金提供について調査していると、国防総省情報源は述べている。これに対して、クリントン家は彼らの前後援者であるブッシュ家族、サウジとドイツの同盟者についてカナリアのように喋っている。

ISIS傭兵軍の背後にいるサウジ、イスラエルとCIAの派閥は、シリア攻撃によって戦争を挑発したり、中東の石油マネーのシェアを確保するために核脅威を使うことでトランプに対して脅している。これは、惑星全体が彼らの犯罪行為に嫌気をさしており、誰も彼らの喧伝にこれ以上騙されないのでうまく行かないでしょう。

一方日本では、奴隷政府首相の安倍晋三はヘッドライトで凍った鹿のように現実に墜落するように行動している。不正に選出された自民党政府は依然として彼らのボスであるロスチャイルド代理人のマイケル・グリーンとブッシュ代理人のリチャード・アーミテージに権力に留まって彼らに保護するように望みを掛けている。彼らはまた日本はブッシュとクリントンによる中国との取引の一環で中国に支配されると思っていたと、アジアの秘密組織の情報源は言う。これは日本が安定した地域権力バランスを維持するために韓国とロシアと同盟することになるので起こらないと、日本の右翼情報源は言う。

さらに、小泉純一郎の息子の小泉進次朗のような買収された手先は、小泉ジュニアが最近したように、彼らは日本の現在の人口を半減させることを諦めたということで日本の犯罪社会をがかかりさせた。欧州と米国の彼らのボスの清掃が完了すれば、日本でこれらの裏切り者の排除が起こることを見ることができる。

大統領弾劾と韓国最大の企業である三星を支配する家族への贈収賄調査によってアジアの他のハザール奴隷国家の韓国において、排除は進んでいる。

徳仁皇太子へのメッセージ:手遅れになる前に、そして日本の支配を金正雲に手渡す前にあなたの国を救いなさい。何をしていいのか分からずに助けが欲しいなら日本の白龍会代表に接触しなさい。時間は無くなっている。

いずれにしても1月20日にトランプ大統領が就任すれば、世界の事件における現在の行き詰まりは成功へ切り開く。旧体制にしがみつく人々はそれと共に歴史のトイレに流されるでしょう。「これは明らかに崩壊しており、旧企業メディアの人々もこれを報道し始めている」とあるイルミナティの情報源は述べている。来るべき革命を受け入れ、地球を救いたい人は新黄金時代を始める仕事に手助けする機会に恵まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

ページ上部へ戻る