ロスチャイルド家とロックフェラー家の歴史的資本提携


皆さん、ロスチャイルド家とロックフェラー家は同じようなものと思っている方が多いですが、この2つの家系はずっと熾烈な戦いを続けてきました。

20世紀はまさにその戦いの歴史です。

第二次世界大戦で日本が負けたことにより、ロスチャイルド家も失脚。

ロックフェラー家はロスチャイルド家が日本に残した財産を盗みとろうと日本を支配してきました(実際に自民党を使って盗み取られ続けました)

この両家が2012年5月30日に「RITキャピタルパートナーズ」を創設し歴史的な資本提携を行っています。

それはロスチャイルド家の当主であるジェイコブ・ロスチャイルドと

ロックフェラー家の本流であるジョン・デビットソン・ロックフェラー4世によってです。

これまで世界を破滅に追いやろうとしてきた悪魔のロスチャイルド家や悪魔のロックフェラー家から独立して独自の金融業を行っています。

これによって、世界はいったん第三次世界大戦を免れました。

もちろんこの投資会社の創設の資金は

リーマンショックで巨利を得たゴールドマン・サックスの資金と

ジェイコブ・ロスチャイルドに流れた天皇の金塊が土台となっています。

リーマンショックをアメリカに仕掛けたのはジェイコブ・ロスチャイルドです。

悪魔の企業モンサント買収も彼らがアドバイザーとして参加しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

ページ上部へ戻る