トランプ政権の支離滅裂な政策にまとまりが出る可能性 〜全てはプーチン大統領に従う〜


就任から2ヶ月以上経ったトランプ政権ですが、支離滅裂な政策に、その支持率は下がる一方で、ついに支持率30%代となってしまいました。

なぜ、トランプ政権の動きが見え憎いのか。それは、トランプ政権が実質3つのグループによって動かされていることにあるようです。

【第1グループ】=======================

指導者:イヴァンカ

指揮官:イヴァンカ・トランプ

イヴァンカ・トランプ

メンバー:スティーブン・バノン主席戦略官、クシュナー氏、ジェフ・セッションズ司法長官

ティーブン・バノン

スティーブン・バノン

ジャレッド・クシュナー

クシュナー

Jeff Sessions

ジェフ・セッションズ

 

【第2グループ】=======================

指導者:ジョセフ・ダンフォード将軍

マティス国防長官、ラインス・プリーバス首席補佐官、マクマスター国家安全保障担当補佐官

【第3グループ】=======================

指導者:ヘンリー・キッシンジャー

ティラーソン国務長官のグループ、スティーブン・ムニューチン財務長官、ゲーリー・コーン補佐官

=======================

そして、この3名の指導者は全員がプーチン大統領に従っているそうです。本物のプーチン大統領は、現在はロシアの指導者ではなく、ロシアはラヴロフ外相が動かしている可能性が高いです。

では、本物のプーチン大統領は何をしているのでしょうか。それはプーチン大統領は今や世界皇帝として地球全体を管理しています。

しかしながら、イヴァンカが父親のトランプ大統領の目と耳になることによって、ようやくまとまってきたと言えるでしょう。

イヴァンカ・トランプ ホワイトハウスのオフィスと機密情報へのアクセス権を得る
https://jp.sputniknews.com/us/201703213455669/

イヴァンカ・トランプさん、ホワイトハウスに執務室を設置 縁故採用や利益相反の批判も
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/21/ivanka-trump_n_15529214.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る