世界女性富豪ランキング、1位はロレアル大株主 「自力」ビリオネアが増加


フォーブスが3月20日に発表した2017年版世界長者番付、資産総額10億ドル(約1130億円)以上の「ビリオネア」のランキングには、過去最多の2043人が名を連ねた。女性たちの数もこれまでで最多となっている。

リスト入りした女性は昨年の202人から227人に増え、保有資産の総額は8528億ドルに上った。ただ、彼女たちの富はその大半が、家族などから受け継いだものとなっている。

世界で最も女性ビリオネアが多い国は、1位が米国(74人)。2位はドイツ(28人)、3位は中国(23人)だった。

番付トップ2は変わらず

女性のビリオネアのうち、保有資産のランキングの1位になったのは昨年に引き続きフランスのリリアンヌ・ベタンクール。自身の子どもたちとともに、化粧品大手ロレアルの株式のうち3分1ほどを保有する。資産総額は前年から34億ドル増えて、395億ドルとなった。全体のランキングでは、昨年の11位から3ランク下げて14位だった。

2位も前年と同じ、アリス・ウォルトンの名前が挙がった。保有資産は昨年より15億ドル多い338億ドル。ただ、全体での順位は17位に下げている。小売最大手ウォルマートの創業者、サム・ウォルトンのただ一人の娘であるアリスは同社の経営には積極的に関与していない。だが、それでも米国では最も裕福な女性だ。主な収入源は、保有するウォルマート株とそれがもたらす多額の配当金。

受け継いだ資産で世界の女性ビリオネア・ランキングのトップ10に入る人たちの氏名と保有する資産、関与する企業(または業界)は以下のとおりとなっている。

1位 リリアンヌ・ベタンクール(フランス)
2位 アリス・ウォルトン(米国)
3位 ジャクリーン・マーズ(英国)/ 270億ドル、 マーズ(食品メーカー)
4位 マリア・フランカ・フィッソロ(イタリア)/ 252億ドル、フェレロ(食品メーカー)
5位 ズザンネ・クラッテン(ドイツ)/ 204億ドル、BMW、製薬会社
6位 ローレン・パウエル・ジョブズ(米国)/ 200億ドル、アップル、ディズニー
7位 ジーナ・ラインハート(オーストラリア)/ 150億ドル、ロイヒル・ホールディングス(鉱山業)
8位 アビゲイル・ジョンソン(米国)/ 144億ドル、フィデリティ・インベストメンツ (資産管理)
9位 アイリス・フォントボナ(チリ)/ 137億ドル、鉱山業
10位 ベアト・ヘイスター(ドイツ)/ 136億ドル、スーパーマーケット

トップ10に入った女性たちのうち、ラインハートは死去した父親が経営していたロイヒル・ホールディングスを受け継ぎ、積極的に事業を拡大。リストに名前が挙がった女性たちの中で唯一、自力で大幅に富を増大させた(昨年の全体ランキングは127位)。保有資産は昨年から62億ドル増えて150億ドルに増え、順位はオーストラリア国内で1位、世界で69位となった。8位のジョンソンもまた、自力で資産を増やしている。

「自力でビリオネア」の女性が増加

女性富豪のランキングで17位に入った香港の周群飛(Zhou Qunfei)は、自力でビリオネアになった女性の保有資産ランキングでは1位だ。保有資産は74億ドルで、世界長者番付では186位に入る。

中国の貧しい農村で生まれ育った周は、子どものころに母親を亡くし、仕事中の事故で障害を負った父親に育てられた。働くために16歳で学校を中退、時計の文字盤を覆うガラス部分の風防を製造する工場で毎日16〜18時間働いたといわれている。2000年代初頭に起業し、スマートフォンのタッチスクリーンを製造するようになった周がビリオネアの仲間入りを果たしたのは、自社を中国・深セン証券取引所に上場させた2015年だった。

世界長者番付に入る女性の割合は前回からほとんど変わっていないが、自力で財をなし、その結果としてビリオネアになった女性の数は増加している。10年前には1%に過ぎなかったものの、今年は2.7%と3倍近くになった。女性のビリオネアの25%が、自力で億万長者になったことになる(昨年は21%)。

今回の長者番付では、自力でビリオネアになった女性56人のうち、15人が初のリスト入りだった。その中には、いずれも出身国で初めて「自力で」ビリオネアになったベトナムのベトジェットエア創業者でCEO、グエン・ティ・フォン・タオ(保有資産12億ドル)、日本の人材派遣会社テンプスタッフの創業者、篠原欣子名誉会長(同11億ドル)などが含まれる。

参照:http://forbesjapan.com/articles/detail/15621/1/1/1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る