小池都政の過ちと都議会選挙後の行方


東京都議会選挙が間近に迫っています。

ようやく自民党を離党した小池都知事は、
これまでメディア・パフォーマンスにより
大きな話題となってきました。

しかし、大騒ぎした「豊洲問題」に
ついて今月発表した結論は、
「移転決定」です。

膨大な時間と労力を費やして、何か
問題が解決したのでしょうか?

いえ、それどころか自ら設定した目標で
ある「豊洲市場の無害化」を断念し、
市場関係者への謝罪に追い込まれたのです。

小池都知事のメディア・パフォーマンス力に
踊らされたマスコミは、捏造に近い
フレームアップすら行いました。

情報の受けである視聴者の多くは、問題の
本質が分からないままに「漠然とした不安」を
植え付けられ続けたのではないでしょうか。

「市場の安全」を明らかにするためには、
科学的な見地に基づいた正しい情報を
伝えることこそが重要だったはずです。

根拠も曖昧な「危険性」ばかりが喧伝され、
不安ばかりが増幅された結果、何か得られた
ものがあったのでしょうか。

なぜ、マスコミは誤報を繰り返すのか?

どうして、事実が正しく伝えられないのか?

報じるべき問題は他になかったのか?

数々の問題の本質に、
「官僚全てを的にした男」が容赦なく
斬り込みます。

ぜひ、一度ご確認ください。
今なら【無料】で情報を入手できます。
http://directlink.jp/tracking/af/1474651/7F5zrVrJ/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る