トランプの娘婿で政権上級顧問のジャレッド・クシュナー、8年間「女性」として有権者登録していた


「クシュナーはごく簡単な書類ひとつも満足に埋められません。

そんな彼が中東に平和をもたらせると考える人がなぜいるのか、本当に不思議です」と、American Bridgeの広報担当者ブラッド・ベイナムはいう。 American Bridgeは民主党派のリサーチハブであり、最初にクシュナーのヘマを見つけたのは彼らだった。

「何度も誤った情報開示をし、中途半端な申請書を出しておきながら、いまだに政府の重職に就いていられる人間が大統領の義理の息子以外にいるでしょうか?」

米国のドナルド・トランプ大統領の義理の息子で政権上級顧問、そして“中東の救世主”にしてFBIの捜査対象でもあるジャレッド・クシュナー。数カ月前にホワイトハウス入りして以来、彼はそのプロジェクトの範囲を拡大させてきた。

クシュナーの管轄に含まれるのは、イスラエルとパレスチナの和平交渉やオピオイド中毒問題への対応、連邦政府で使われているテクノロジーのアップデートや刑事司法改革など。これは誰にとってもほぼ対応不可能な問題の集まりに思えるが、クシュナーにとってはなおさら難しいだろう。それはクシュナーに政治経験がないからだけでなく、彼がシンプルな形式的な書類を埋めるのに何度も苦労しているからだ。そしてそのひとつが、有権者登録のフォームだ。

ニューヨーク州選挙管理委員会の記録によると、ジャレッド・コーリー・クシュナーは「女性」なのだそうだ。

<相次ぐ“申請ミス”>

クシュナーは「女性」なのか? それともたまたま記入を誤ってしまったのだろうか? もしくは、彼も悪質な偽装投票の陰謀の犠牲者なのだろうか? 残念ながら確かな答えを知る余地はない。なぜなら彼はまだ『WIRED』US版へコメントしていないからだ。

しかし、ここ最近の彼の事務処理の仕方を見る限り、その答えは2番目の選択肢である可能性が高そうだ。例えば今年7月、CBSはクシュナーが機密情報取り扱い許可を得るために必要な申請書を、最低3回は更新したと報じている。

2017年1月18日の申請時点で、申請書の「外国政府職員との接触」欄には何も書かれていなかった。彼はその後、自分が記入をすべて完了する前にチームが間違えてフォームを送ってしまったと釈明している。しかし『ワシントン・ポスト』によると、同フォームに書かれた大学院の学位取得日も間違っており、さらに義理の父親の住所の欄も省略していたという。クシュナーはその後間違いに気づき、補足書類を提出している。

5月にクシュナーが2回目の修正を行ったとき、クシュナーは「外国政府職員との接触」欄に100件以上の会合や電話を追加した。しかしその直後、彼がドナルド・トランプ・ジュニアとロシア人弁護士、ナタリア・ベセルニツカヤとの会合に出席していたことが明るみに出る。ベセルニツカヤは、民主党候補だったヒラリー・クリントンに不利な情報の提供をもちかけたとされる人物だ。クシュナーは6月21日に3度目の申請書提出をし、「その後ロシアの弁護士だと判明した人物」を追加している。

なぜクシュナーがこう何回も書類を誤記入できるのか、そして上院情報委員会前に出された彼本人の証言は、議論の的になってきた。理由はどうであれ、頻繁に見受けられる書類記入能力の欠如は、米国政府の全面的な見直しを任されている人物にとっては問題だ。

「クシュナーはごく簡単な書類ひとつも満足に埋められません。そんな彼が中東に平和をもたらせると考える人がなぜいるのか、本当に不思議です」と、American Bridgeの広報担当者ブラッド・ベイナムはいう。 American Bridgeは民主党派のリサーチハブであり、最初にクシュナーのヘマを見つけたのは彼らだった。「何度も誤った情報開示をし、中途半端な申請書を出しておきながら、いまだに政府の重職に就いていられる人間が大統領の義理の息子以外にいるでしょうか?」

 

参照:https://wired.jp/2017/09/28/jared-kushner-voter-registration-woman/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る