トランプの娘・イヴァンカの夫クシュナーが個人的な恨みから州知事を解任に追い込む


トランプ氏、政権人事での内紛否定 義息が「親の敵討ち」で暗躍か

米国の次期大統領に選出されたドナルド・トランプ氏は16日、新政権人事をめぐる混乱と内紛が起きているとの報道について「全くもって間違っている」と否定し、「(政権移行は)とても円滑に進んでいる」と語った。

だが一方で、新政権の閣僚と約4000に及ぶ役職を埋める作業に混乱が生じていることを示す情報は次々と浮上している。

11日には、それまで政権移行チームを率いていたクリス・クリスティー・ニュージャージー州知事が解任された。

このクリス・クリスティー氏、どんな方かと申しますと、

ニュージャージ州のクリス・クリスティー知事が8日、超大型ハリケーン「サンディ」によって被災したニュージャージ州の「完全な」復興支援法案の迅速な可決を米議会に求めました。

そして、クリスティー知事は施政方針演説の中で「われわれは72日間待った。(2005年に南部を襲った)ハリケーン『カトリーナ』の時より7倍も長い」と述べるとともに「州民が正当に扱われない場合には、共和党か民主党かを問わず、ニュージャージ州はけっして黙ってはいないということははっきりさせておきたい」と語りました。

実はこのクリスティー知事、結構やり手で国民の支持も高いのです。

クリスティー知事は共和党出身ですが、下院共和党が支援法案の採決を遅らせた事に対し、「だから議会は国民から嫌われる」と批判し反対派の急先鋒に立って
います。

クリス・クリスティー氏は、2010年1月州知事に就任します。

民主党支持者が多いニュージャージ州で共和党員が知事に選出されたのは史上初めてのことでした。

クリス・クリスティー氏は手始めに、借金まみれのニュージャージ州を大胆な歳出削減を行い成功させます。

共和党大会で基調演説をしたクリス・クリスティーニュージャージー州知事=AP。【1962年9月6日生まれ(50歳)】

2012年の共和党大統領予備選挙での共和党支持者を対象にした世論調査ではミット・ロムニー17%、サラ・ペイリン16%、マイク・ハッカビー14%、に対しクリス・クリスティー氏は27%の支持を受けています。

しかし、ニュージャージ州と言う地味な州の知事で就任1年目のキャリア、何よりも、「不摂生の塊の様なその体型」が2012年の共和党の大統領候補から外されミッド・ロムニー氏を候補にした理由でした。

クリス・クリスティー氏は共和党のニューリーダーの一人として有望視されています。

ただし、体重を後30キログラム減らせばとの事です。

そのクリス・クリスティー氏が噛み付いた超大型ハリケーン「サンディ」の復興支援策が提出され可決されました。

【引用元:世界は、日本は、今!?

その後、クリスティー氏と近い関係にある元米下院情報特別委員会委員長のマイク・ロジャース氏とロビー活動家のマシュー・フリードマン氏の2人がチームを離れている。

両者は、トランプ氏の娘イヴァンカさんの夫であるジャレッド・クシュナー氏により追放されたと報じられている。

不動産開発業者だったクシュナー氏の父親は2004年、当時連邦検事を務めていたクリスティー氏から脱税などの罪で訴追され、禁錮2年の有罪判決を受けており、クリスティー派排除の背景には個人的な恨みがあるとも指摘されている。

クシュナーの父親であるチャールズ・クシュナー氏

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

新着記事

注目記事

ページ上部へ戻る